ジョジョの奇妙な冒険のことPart1

オラオラオラオラオラオラオラオラ!!

今回はジョジョの奇妙な冒険についてお話します。

まずどんなお話か?といいますと

ジョースター家一族と吸血鬼と化したディオやその後継者達が何世代にも渡って戦うお話です。

1部ではジョナサン・ジョースターという裕福な家庭に生まれた主人公の父が、馬車で走行中

強盗に襲われたあとに金品を漁っていたディオの父を命の恩人だと勘違いし、ディオの父死去後

貧しい家庭で育ったディオを養子に迎えます。

そこからジョジョの奇妙なお話は始まっていきます。

ジョースターさん家にあった「石仮面」という骨董品にジョナサンとディオは惹かれます。

二人はぶつかり合いながら成長していきますが、ディオは生まれが貧しいせいかジョナサンの父を殺そうとずっと企んでいました。

ある日、ディオの企みがバレる日がやってきます。

ディオは石仮面をかぶります。

すると!超人的な力を発揮します。

ジョナサンは波紋という技を使ってディオを倒します。

先日NHKの番組でジョジョの作者荒木さんが出演なさっていましたが

物語を書くときにキャラクターの説明書を書くそうです。その説明書を見ましたが

長所や短所・苦手なもの・家族構成などなどとても細かく設定されてました。

私ももし何かキャラクターを作る機会があったら参考にしたいと思いました。

現在8部までシリーズが続いているのですが全部説明しているとものすごく長文になってしまいますので

次回になります。

ちなみに私が一番好きなキャラクターは2部のジョセフ・ジョースターですので、もしジョジョ2部をお話させていただける

機会があればがっつりお話したいと思います。